病気の基礎知識

かぜとインフルエンザはどう違うのですか?

病気の基礎知識

一般的にかぜの発熱はインフルエンザほど高くなく、全身症状も比較的軽症です。 一方インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身症状が突然現れます。まれに急性脳症や肺炎を伴う等、重症になることもあります。

続きを読む

何故インフルエンザの予防接種は、毎年受けなければならないのですか?

病気の基礎知識

一口にインフルエンザワクチンと言っても、年によって入っているワクチンの種類が違うからです。A型が2種類、B型が2種類、計4種類のワクチンが入っているのですが、その年の流行状況を予測してWHO(世界保健機関)が決めています。例えば、A型だけでも何十...

続きを読む

インフルエンザにかかった後、熱が下がったら、学校や職場へ行ってもよいですか?

病気の基礎知識

学校保健安全法では、出席停止期間の基準を「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあつては、3日)を経過するまで」と定めています。> インフルエンザの出席停止期間については、こちらの表をご参考下さいその他の疑問については、...

続きを読む

アレルギーの検査は何カ月からできますか?

病気の基礎知識

生後すぐからできますが、すべてが分かるわけではありません。アレルギー検査は生まれたときから受けられますが、結果が陽性であっても本当にアレルギーの原因があるかは判断ができません。赤ちゃんがその食物を口にして、食物除去試験や食物負荷試験を行...

続きを読む